Colla:J コラージ 時空に描く美意識

バックナンバーリスト

2007-2008

2007.12月号

神々の庭・伊勢の神宮と、この地で活躍する作家達の旅路。

2008.1月号

ヴィクトリア女王の元、繁栄を極めた大英帝国の生活史と銀器。

2008.2月号

長野県小布施の人々が挑んだ、もてなしを感じる故郷づくり。

2008.3月号

東京深川祭にかける男達の生き様と、茶の湯江戸千家の数寄屋。

2008.4月号

コラージが注目するデザイナー、建築家など5 人の若手を紹介。

2008.5月号

前川國男の建築を中心に青森県弘前の魅力満載。寺山修司展も。

2008.6月号

春のウィーンを巡る96 時間の記録。撮影は柳田隆司氏。

2008.7月号

埼玉県川口の鋳物工場を訪ねる。茶釜や錫細工、蒔絵工芸も紹介。

2008.8月号

イタリアやカンボジアなど山岳や水辺に「棲む」人々の思い。

2008.9月号

建築家・荒木毅、葛西潔、白鳥健二が語る家。村野藤吾展も。

2008.10月号

幻の仏教国家と姫伝説。恐竜、大仏の織りなすファンタジー。

2008.11月号

日本の多島海・瀬戸内。今治・尾道・鞆を巡る旅で見たものは。

 

2009

 

2008.12月号

コラージを支えるサポーター達の独自の活躍をレポート。

2009.1月号

移りゆく花柳界・神楽坂。明治文豪の足跡を辿り時空を旅する。

2009.2月号

八重山特集。西表島の研究所など観光では見られない島の景色。

2009.3月号

八重山第二弾。石垣島の伝統住宅や白保のサンゴなどを満載。

2009.4月号

江戸の奧座敷として巨大都市を支えた山里・秩父に生きる人々。

2009.5月号

建築家や文人、思想家など、先人の言葉から未来への道を模索。

2009.6月号

都心から近い山里・藤野町に息づく、手仕事のネットワークを追う。

2009.7月号

近代的な商業、製造業が生まれた「堺」のDNAを継ぐ作り手達。

2009.8月号

日本の商業を支えてきた大阪。実業家が考える本当の価値とは。

2009.9月号

明治から平成まで「カムイの庭・旭川」を開拓する挑戦者たち。

2009.10月号

明治の北海道開拓時代から、白老~二風谷へとアイヌ民族をたどる。

2009.11月号

菊に彩られた秋の笠間で、物を作り生きることとは何かを想う。

 

2010

2010.1月号

Re_Generationをテーマに建築・エコ・物作りへ挑む人々を追った。

2010.2月号

スカイツリー開業を前に向島、玉の井、北十間川で街の風情を感じる。

2010.3月号

軍港として発展した横須賀で、レンガドックや海上自衛隊を訪ねる。

2010.4月号

横須賀Part2。明治から最新鋭艦まで艦船の生活空間を大特集。

2010.5月号

箱根でラリックに触れる旅。自然からメタモルフォーゼしたデザイン。

2010.6月号

30号記念号。ドイツ・オランダ・フランスと光を追い求めた旅の記憶。

2010.7月号

「食」で世界を冒険しよう! 食空間を楽しむための様々な試みを紹介。

2010.8月号

夏は東京の島々を思いきり楽しもう!伊豆七島の利島、式根島の海を取材。

2010.9月号

利島の椿油工場や噴火から復興した三宅島の大自然など、特集第2弾。

2010.10月号

日本実業界の父・澁澤栄一の故郷深谷で資本社会の胎動に触れる。

2010.11月号

長良川に生きる鵜匠や岐阜提灯など、清流が育てた伝統文化をたどる。

2010.12月号

古代から美濃に響く鎚音を追った。打つことで生まれる創造の美学。

 

2011

2011.1月号

卯年の新年号は、因幡の白兎を追いかけて古事記神話の地・鳥取へ。

2011.2月号

赤瓦、梨、再生神話、弥生遺跡、たたらなど魅力満載の鳥取特集Part2。

2011.3月号

宮内庁の貴重な馬車修復作業をとおして、伝統的な椅子張り技術を紹介。

2011.4月号

広島・宮島・江田島。沢山の人々との約束を果たすための第一歩。

2011.5月号

多彩な貌をもつ宇野亞喜良の仕事から創造に全てを打ち込む人々を見る。

2011.6月号

眩しい光をうけて芽吹く新茶。静岡・牧ノ原台地をめぐり浜岡原発へ向う。

2011.7月号

水の力に溢れる伊豆を体感しエネルギーの可能性を見つめ直しました。

2011.8月号

日米関係のルーツを下田で探り、後半は住宅をめぐるエネルギー特集。

2011.9月号

千葉県・佐原の水郷をめぐり伝統的な街並と震災の被災状況を紹介。

2011.10月号

東日本大震災から半年の宮城県。塩竈から北上川までのレポート前編です。

2011.11月号

牡鹿半島から北上川、雄勝を巡ります。水戸岡鋭治さんのインタビューも。

2011.12月号

大雪山連峰のふもと上川盆地。人々の作り上げた景観と暮らしに学ぶ。

 

 

2012

2012.1月号

もの言わぬ貨幣たちが語る動乱の歴史。モーターショーのレポートも。

2012.2月号

50号記念号。歴史に名を刻んだ「気になるふたり」をピックアップ。

2012.3月号

今和次郎の生涯をとおし、震災に立ち向かうクリエイターの生きる道をさぐる。

2012.4月号

山形県・最上地方。厳しい自然のなかを生きぬく力強いデザインの魅力を紹介。

2012.5月号

豊かな葉山の海に抱かれ、デザイン・教育・農業などに挑戦する人々の活動。

2012.6月号

葉山第2弾。子どもから大人まで、それぞれの立場で精一杯生きる生活日記。

2012.7月号

秋田第1弾。田沢湖畔へ自分の生き方を求めて移り住んだ、輝湖の15年。

2012.8月号

秋田県・湯沢市の白井晟一作品(稲住温泉、試作小住宅)をたっぷりご紹介。

2012.9月号

「深川八幡祭り」に情熱を注ぎ込む三好2丁目の人々。その準備から終りまで。

2012.10月号

「体験」をキーワードに、子どもも大人も楽しめるトピックスをまとめました。

2012.11月号

クリムト、銀細工師、菓子職人、中世から世紀末へ時がリンクするウィーン。

2012.12月号

九州シュガーロードの旅第一弾は、八幡の水素タウンから小城、嬉野温泉まで。

 

 

2013

2013.1月号

日本で初めて国際競争を戦ったプロダクト「伊万里」から長崎出島の物語。

2013.2月号

記憶の方船はどこへ?軍艦島から博物館まで人々の切実な記憶装置。

2013.3月号

世界最大級の見本市アンビエンテを軸にワイマルでドイツの創造性をさぐる。

2013.4月号

石に突き動かされた。ドイツ・ヴュルツブルクと米海軍横須賀基地ドック。

2013.5月号

竹久夢二が工芸を目指した足跡を伊香保に見る。吉村順三 天一美術館も。

2013.6月号

京都特集の第一弾。都の自然をとじこめた手捺染の技法と清水焼の絵付け。

2013.7月号

京都第弐弾。焼き物、織物、恋愛、哲学と時代に挑戦した人々の足跡。

2013.8月号

釜石から花巻を結ぶ釜石線に乗り、鉱山やホームスパンの里を訪ねる。

2013.9月号

宮沢賢治の故郷・花巻で、その思いを今につなげた手仕事に触れる。

2013.10月号

宣教師たちによって拓かれた別荘地「軽井沢」のルーツをたどる。

2013.11月号

堀辰雄の愛した「風立ちぬ」軽井沢・追分を歩く。その恋の真相。

2013.12月号

竹内街道から飛鳥へ。大陸とつながった古代の美をたどります。

 

 

2014

2014.1月号

大和の地・藤原京、三輪山、室生寺から「太陽の道」を通り伊勢へ。

2014.2月号

ここは東京都? ダイナミックな火山にデザインのヒントを見る。

2014.3月号

ドイツの国際見本市Ambiente特集。中世の街ローテンブルクも。

2014.4月号

石巻・気仙沼をレポート。高台移転や嵩上げなど復興の現実。

2014.5月号

小説家や詩人、歌人の「ことば」を全国の風景とあわせてお届け。

2014.6月号

美しい甲斐の山々に踊る文学者や芸術家、音楽家、伝統工芸を紹介。

2014.7月号

古さと新しさの混在する南青山。最新のショップと建築をご案内。

2014.8月号

富士五湖の湖畔で世界遺産富士山と共に生きた人々の工芸と足跡。

2014.9月号

万葉かおる高岡の地。伝統の鋳物づくりや知られざる高岡の名所。

2014.10月号

富山県特集第2弾。山・川・海と変化に富んだ県の抱える課題とは。

2014.11月号

オリンピックがやってくる外苑近辺のインテリアショップを紹介。

2014.12月号

沖縄で進化するモダン住宅を紹介。グスクやウタキ、陶芸の里も。

 

 

2015

2015.1月号

冬のウィーンの明かりに浮かぶ街・食・工芸を訪ねた特大号。

2015.2月号

オーストリアを代表するエスターハージー侯爵の秘宝を大公開。

2015.3月号

ドイツの見本市アンビエンテ&ダルムシュタットの青春様式。

2015.4月号

北海道旭川と池田町で北方文化圏に生きる人々の暮らしを取材。

2015.5月号

現代に根付く中世ヨーロッパ社会をビジュアルで俯瞰する。

2015.6月号

黄金を生む島「佐渡」の金山や船大工の町・宿根木を訪ねる。

2015.7月号

煉瓦街から現在まで「銀座百店会」の店を中心に老舗をご案内。

2015.8月号

奥越前の大野、禅の里 永平寺、戦国のポンペイ一乗谷を訪ねる。

2015.9月号

文豪 泉鏡花や室生犀星に導かれ、夢幻の街「金沢」をめぐる。

2015.10月号

青森県・八戸で海とともに生きる人々と縄文漆の美にふれる。

2015.11月号

岩手県の久慈・野田・岩泉。自然と共に陶芸や家具を作る人々。

2015.12月号

大正〜昭和、馬込に集う文士たち。その青春の足跡を訪ねる。

 

 

2016

2016.1月号

佐倉の歴博から、江戸の食卓を支えた紀州海民の銚子開拓史へ。

2016.2月号

近代作家の紀行を中心に、作品世界にちなむ諸処をめぐります。

2016.3月号

阪神淡路大震災から蘇る芦屋。六麓荘やライト設計の住宅を紹介。

2016.4月号

熊本城から「くまもとアートポリス」まで歴史ある熊本の魅力。

2016.5月号臨時増刊

2016熊本地震により千軒以上が全倒壊した益城町をレポート。

2016.5月号

益城町から熊本市まで、震災後の街はどのように変わったのか。

2016.6月号

建郡1300年を迎えた高麗郡を歩く。照明や塗装講座のレポートも。

2016.7月号

福岡県・八女市の古き町並みと久留米絣の工房や八女茶を訪ねる。

2016.8月号

自然と生きる奥八女の手仕事。線香水車や星野焼、星野茶など。

2016.9月号

詩人更科源蔵の視線をとおし北海道の原野に満ちるものを感じる。

2016.10月号

アイヌモシリ 静かなる人間の大地を訪ね増毛と富良野麓郷をゆく。

2016.11月号

信州上田に芽生えた手仕事と芸術の炎。山本鼎、村山槐多の足跡。

 

 

2017

2016.12月号

人の創り出した自然鄕、八ヶ岳高原ヒュッテや音楽堂をめぐる。

2017.10周年特集号

10周年を記念して、コラージサポーターの活動をレポート。

2017.10周年 Part2

10周年を記念したコラージサポーター活動レポートの第2弾。

2017.4月号

吉野から和歌山へ、中世の都市国家を追い物づくりを紹介。

2017.5月号

南方熊楠の足跡と熊野古道を重ね、田辺、南紀白浜、高野山へ。

2017.6月号

明治時代、徳川の聖地から外国人避暑地に変わった日光の変遷。

2017.7月号

初夏のわたらせ渓谷鐵道に乗り、鉱山で栄えた足尾の今へ。

2017.8月号

北海道の夏。一粒の種が紡ぎだす、自然と生きる人々の営み。

2017.9月号

家具工場から出発し道北の豊かな森へ。砂澤ビッキへのオマージュ

2017.10月号

近江商人を育てた琵琶湖東岸をめぐりヴォーリズ建築を訪ねる。

2017.11月号

信長の足跡をたどり湖東の安土城から湖西の比叡山、大津へ。

2017.12月号

古河庭園、六義園、東洋文庫、鳩山会館と駒込界隈をぶらり。